大阪マンションスタイルは大阪市の中古マンション購入をサポート!

不動産の価格は一般的に新築として発売されているときが最も高く、年数が経過するごとに下落します。
新築住宅を購入する場合、モデルルーム用プレハブのコストや現地で案内してくれるスタッフの人件費、華やかな広告宣伝費など、販売に必要となる諸費用が販売価格に加算されているのが一般的ですが、中古住宅ではこれらの負担は消え、シンプルに「土地と建物の価格のみ」が販売価格となります。

また、中古住宅は築年数、立地条件や広さの異なるさまざまなタイプの物件が販売されています。選択肢が多いため、購入者にとっては自身に適したお手 ごろな物件を探すことが容易になるのです。さらに中古マンションの場合、前の持ち主が負担していた修繕積立金を継承できるのも魅力です。


中古住宅は幅広いエリアにたくさんの物件が点在しているため、気に入ったエリアに物件を見つけやすいのが特徴です。

例えばお子さんがいる場合、事前に学校を選択してからその学区内で住まい探しができるのも中古ならではの魅力です。同様に、仕事が多忙なシングルやDINKSならば、通勤に便利なエリアで探すのもおすすめです。


買った後に、「イメージと違った!」と後悔したくないものです。
この目で見てから買えるのは中古住宅の大きなメリットですので、後悔のないように、じっくり検証しましょう。

中古住宅の場合、売主さんがまだ居住中であれば、その暮らしぶりを見て購入に進みます。隣家や階下の住人の情報を、事前に売主さんに聞いてみることも可能です。

周辺環境もしっかりチェックしておきましょう。


物件を安く購入したぶんリフォームに費用をまわして、オリジナルの住まいを実現できるのが中古住宅の魅力のひとつです。

リフォームを視野に入れているなら、物件を購入する際にそのことを不動産会社に伝えましょう。そうするとリフォームに適した物件を紹介してくれるはずです。


新築を買って中古市場で売却する場合と、中古を買って中古として売却する場合では、後者の方が値下がり率が低いので、資金繰りの面から見ると、一般的に中古からのスタートの方が住み替えしやすいといえます。住み替えを考えている場合、後がラクだということで中古を選ぶ人も多いようです。